投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

金持ちと庶民の境界線がわかってきた

ども。ばじるです。


某高級メンズ百貨店に行ってきました。


ここには富裕層が集まるので、

パワースポットとして引き寄せの法則

あやかりたいという思いで

貧しい時から何度もオドオドしながら

通っています。


今回久々に行った時に、自分の金銭感覚が

変わってる事に気がつきました。


数万円の鞄を以前は怖くて触れられなかった

のですが、今回は「買えるけど何か?」

という気持ちで堂々と見れました。


また、高級腕時計コーナーに行くと、

「15万円位なら別に買ってもいいかなぁ」

と思いました。


一方で、100万円は勿論、

30万円でもちょっと買えないなと

思いました。


つまり今自分が使えるのは最大

15万円。全資産の0.5%という感覚

なのだと気付かされました。


1億円の0.5%なら50万円、

2億円の0.5%なら100万円という

事です。


よくテレビドラマでセレブ嬢が

高級ブティックで、

「こっからここまで全部頂戴。」

とかやってますが、


2億円以上資産があれば物怖じ

せずにこういう買い方ができる

のでしょう。


だから本当の富裕層というのは

2億り人のことで、1億り人だと

ちょっと躊躇しながらお金を使う、

実質、準富裕層レベルだという事です。


裕福なアーリーリタイアの実現も、

1億では足りなくて2億は欲しいと

よく言うのも概ね正しい感覚でしょう。


それにしても、

10万位する革靴を

「これ履きにくいんだよねー。」

なんて言いながらベタベタ触ってる

20代前半の兄ちゃんが沢山いて、

世の中の貧富格差を感じる一日でした。