投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

ギフテッド 恵まれた天才に共感

ども。ばじるです。


何でお金を1億貯めたいのか?


一つは漠然とした将来への不安。

一つは富裕層への憧れ。


そして、


いつでも嫌になったら会社辞めたいから。


これは、働くのが嫌いというよりも、

自分は働くの割と好きなので、むしろ

物足りななさを感じると言った方が

正しいかもしれない。


ギフテッドと呼ばれる、

いわゆる持って生まれた高IQの

天才の人達がいます。


彼らは、2才で英語マスターとか、

小学生で相対性理論理解したとか、

小学生で専門書を何冊も読みふけって、

話し方も大人顔負けの知性が漂う、

もう人が羨むような天才です。


彼らは興味があるものに何時間でも

夢中になる傾向があるそうです。


しかし、NHKの調査によると、

彼らは実は世の中に生きづらさ

を感じていて、疎外感を感じたり、

不登校になったり、社会にうまく溶け込め

ていない人が多いという事実が

わかったそうです。


頭良すぎて先生から嫌われたり、

(恐れられてると言った方が良いかも)

周りから異端者扱いされていじめられたり、

親にも理解してもらえなかったり、

わざと周りに合わせてテストに

意図的に誤りを入れたり。


という事があるそうです。


結構共感しました。

自分も彼らほど高いIQではないけど、

比較的IQ高い方だと感じてます。


職場でもすぐに解決策や答えが

わかって何歩か先に行ってる事が

結構ある。


本当は合理的結論がすぐわかっても、

周囲に合わせてわざと遅れて着いて

行きながら正解にそれとなく誘導する。


色々な場面で何でこれがわからない

んだろう?と思うことも多い。

一方でこいつに聞けば確実だと、

頼りにはされている。


空気を読まずにズバズバ言って

しまうのもギフテッドの特徴だそうです笑


これも凄く共感する。

以前はそんな感じだったけど、

今はかなり抑えてる。


自分が合理的に考えて、

本音は真実はこうだ。

人間や社会はこういう傾向がある。

と客観的に言いたいが、言わない。


ドライな人だとか、思いやりがない。

とか言われるのがオチだからだ。


テレビで億り人の投資家を見た時に、

凄く共感した。自分もこういうタイプだ。

自分でも出来るかもと思った。


投資家ってアスペルガーというか、

空気読まなかったり、夢中になる性質が

ある人が多い気がする。


会社で周囲の目線に合わせて屈みながら

仕事するよりも、自分で儲ける手段考えて

自由に言いたい事言えたらどんなに

ストレスフリーだろうかと思う。


仕事には楽しみややりがいを感じる事も

あるけど、会社の同質性の村社会の中に

溶け込めない自分を感じています。


そんなこんなで、

いざという時はいつでも

旅立てるようにしておきたいから

やっぱり1億円が必要なわけです。