投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

タワーマンション、高級マンションについて

孟母三遷、マンション3選。

ども、ばじるです。

港区のタワーマンション、住みたいかと言われると実は微妙だけど一度は経験してみたいですよね。

これだけ高級マンションができて、誰が買ったり賃貸してるのか謎ですね。

富裕層の節税や中国人マネーとかいいますが、家賃百万とか、お試しで期間限定ならいいけど、別に長期で住みたいと思わない。

大体スポーツジムとかプールとか余計なものつけて維持費が高い。

建物に曲線作って奇をてらったりホテルライクな作りでコンシェルジュもいます。とか。

麻布の超一流芸能人も住む某タワーマンションとか形が変で本当悪趣味。

よほどデザインが洗練されてないと、十年くらい立つと古くさくなったりする。

少し前のタワマンって窓がやたら小さかったり、爺さんの書斎みたいな濃い茶色のウッド使ってたりして、モダンの欠片もない。

いまもそこそこ人気のヴィンテージ億ションに招かれていったことありますが、オーナーは床がデフォルトでカーペットなのが凄く残念。当時はこれが流行りだったけど、フローリングが良かった。と嘆く。
あとバブル期に建てたから、建物の構造がしっかりしすぎてて、固定資産税がめちゃ高い作りになってるそう。
その他、マンション施設や付加サービスの維持費も高いから、住人の中でコスト優先の人と、クオリティ維持優先の人に別れてるんだそう。

億ション住んでるから維持費なんて鼻で払えるだろうと思いきやそうでもないみたい。

何十年もすんでると浮き沈みもあるのでしょうし、年金暮らしのジジイになって、無駄なもの維持して見栄張ってもしょうがないという悟りの意識も生まれてくるのでしょう。

さて、ネガティブ面の話をしてしまいましたが、個人的に直接見て格好良いなと思った高級マンションをご紹介します。

あくまで個人的視点。

1位
南麻布の低層マンション。
名前忘れた。
たぶん前書いてると思う。

最強貴族地区の南麻布で木々に囲まれて目立たない感じが最高にクール。知性と品を感じさせます。
3億~

2位 パークコート青山ザタワー

これは見たら結構インパクト。
高級マンションは貧民を遮断するため、高級感漂わせるため、昔の城の城壁のように1階の高い防壁構造がかかせないんだけど、ここは入り口までに無駄に長いスロープがあって建物もグニャグニャ曲線描いてます。
でもそれが格好良い。ここ住んでたらただ者ではない。と思わせる。
もうとことん札束でひっぱたいてデザインを追求した感じ。
フェラーリのコレクションとかと一緒で高級な遊び心の領域。
外壁はグニャグニャしてるけどたぶん部屋はちゃんと角張りしてるみたいです。

こちらも3億~くらいだったはず。

3位は特になし。
インパクトあるマンションいくつか思い浮かんだけど、どっか欠けてる。
六本木だと下品だし、汐留とか三田だと、ん?てなるし、番町は人の息吹のないコンクリート地帯で好きじゃない。麻布広尾松濤辺りで低層マンションで格好良いのはありそう。

ばじるのような縁のない庶民は頑張って額に汗かいて労働します。
1千万で買った株が10バガーになつて10億になっても3億ションはなかなか手が出せないですね。