投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

年収3,000万円が低く感じられてきた

ども。ばじるです。

最近、トップクラスの登録者数を持つ有名な実験系YouTuberや、バラエティの準メジャーな芸能人が年収3,000万円と聞いて、あれ?結構安いなと思いました。

ちなみにトップコスプレイヤーのE子さんも、大体年収3,000万円です。
写真集販売やCM出演、グラビア撮影などが主な収入源です。

年収3,000万円でも税金を引いたら手取りは1,900万円です。

そこから例えばYouTuberなら、動画撮影の協力者複数名のギャラや実験道具代や場所代、交通費、動画編集依頼代などを差し引いたり、

後輩の芸人とのみに行ったり、飛行機や新幹線の移動、衣装もろもろの経費を差し引いたり、エステや美容にお金を投じたり、

と考えると、昨年のばじるの奴隷賃金+投資収入と大して変わらない。

競争の激しい世界で勝ち上がってきた一流のスターなのに、外資金融マンや大手企業の執行役員と同じくらいの年収、ちょっと運のいい毛の生えた投資家の年収と同じ位なんだと思うと、とても低く感じました。

オンリーワンであっても、グッズ販売や音楽、書籍の印税、CM出演とか、引っ張りだこでギャラがつり上がらないと夢のような収入は得られないというのが現実なのでしょう。

集客力として企業側が価値を感じたり、ファンが何万人もいて投げ銭たくさんしてくれるプラットフォームを何かしら持っておく必要がある。

そこそこ、テレビに出てるような第二線、第三線の芸能人でもタニマチがいたり、闇営業するのもこういった事情があるのかもしれません。

YouTuberの世界でいうと一時期に比べて市場が飽和状態になっており、かなり厳しくなってます。

視聴者の取り合いになっていて、再生数や登録者数が眼に見えて以前より伸びにくくなってる。

スタークラスでも継続して人気動画を上げ続ける必要があるし、数をこなしつつクオリティを維持する必要がある。
ロークラスがちょっと人気出て独立したところで到底太刀打ちできない。

人気商売なので中長期で安定して収入を維持できないというのもあるし、累進課税なので手取りがどんどん分が悪くなる。


以前なら年収3,000万円と聞いたら羨ましく感じてましたが、今はそんなに高くはないなと感じるようになりました。