投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

ぼくの世界観

何かで応募したアマゾンポイント500ポイント当たってた。

ども、乞食投資家ばじるです。

最近繰り返し書いてる通り、節約と無消費生活を続けている。

そういう中で感じるのが、節約や無消費は行動力や意欲が減退していき、

独自の世界観や美的感覚みたいなものがどんどん失われて行くという事だ。

感性とも言えるかもしれない。

貧困家庭の子供は無力感に苛まれるというのは本当の事だ。

小説家の林真理子さんは貧乏は選択肢が減るから嫌いと言っていた。

ビートルズジョン・レノンと結婚したオノ・ヨーコさんは安田財閥みずほ銀行明治安田生命創始者安田善次郎の孫だし、

みんなが知っているスープストックトーキョー創業者の遠山社長は日興証券の創業者一族でお父さんは日興証券の元副社長ある。
ニューヨークで生まれて小さな頃から家には著名な財界人や芸能人、スポーツ選手が出入りしていたそうだ。

富裕層独特の自由な気風がその人らしさや雰囲気を作ってる。

会社員というのはつくづく、会社文化の押し付けを受け入れて洗脳されたふりをする、時間拘束された職業、つまり奴隷だと思う。そこに自由はない。

監獄の囚人のごとくひたすらプラスチックのスプーンで土を掘って逃げ道をつくる日々です。