億り人を目指す投資家のぼやき

ばじると申します。現在資産6,700万です。

社畜奴隷、人を助ける

ども、ばじるです。

 

ついにやってしまいました。

まだ億にもなってないのに。

 

某団体に毎月一定額を寄付することにしました。

 

その団体の活動は気になっていたテーマで、何か力になりたいとずっと思ってました。

 

ただ、ばじるもお金が大事なのでなかなか出せなかったんですが、

 

でも、もうそろそろいいかなと。

 

歳を取って世の中を少しでも良くできることや、正しいことをしていきたい。という社会性が強まったというのもあります。

 

道端で声をかけてもらい、説明を受けて、やろうと決めました。

 

すき家に足繁く通い、1円単位でポイ活して節約してるけど、

 

それはそれ、これはこれ。

 

会報誌が定期的に届いたり、ちゃんとした団体なので領収書で税寄付控除できたり、クレジットカード決済でポイントもつくそうです。

 

税控除できるって結構響く。

 

世界的に見て日本人はお金持ちだし、高度な社会で、清潔さや法規律、汚職の比較的少なさ、安心や安全があって本当に恵まれてる。

 

もちろんそうでない人も増えてきてるし、日々の生活は苦しい。

 

でも相対的にはかなり恵まれている。

 

なんかそういうことに不条理も感じていた。

 

恵まれた人間の気休めかもしれないけど、一応継続寄付することで何人かは救える計算になるらしい。

 

何もやらないより、いいじゃないの。

 

自分にとっても精神安定剤になる部分がある気がする。

 

投資でお金がお金を呼ぶようになると、嬉しい反面、何かおかしいし、汚れてく部分がある気がする。

 

奴隷労働や投資に金儲け意外の意味が生まれるのが素直に嬉しい。

 

もっとお金があったら、もっと自分が思う社会正義に役立つことを実行したいと思うだろう。

 

節税も出きるならなおさらだ。

 

ビル・ゲイツが財団作ったり、企業社長も養護施設に寄付したり学校作ったりする方がいるけど、

 

少し気持ちがわかった気がします。

 

ブログだから素直に書くけど、リアルでは誰にも言わないようにします。

 

自分が死んで遺産整理してたら毎月寄付していた事が発覚する。

 

というのも格好良いですよね。

 

遺族に解約されないことを願います笑