億り人を目指す投資家のぼやき

ばじると申します。現在資産8,400万です。

お金持ちは心配性

ども、ばじるです。

 

最近よく、お金持ちはリスク感度が高い。というのを目にします。

 

実際そういう人が多い気がする。

 

既にお金を持ってるから資産防衛を気にしてる、節税を気にしてる。というのもあるかもしれませんが、

 

中国人富裕層は続々と海外に資産移転してますし、ロシアウクライナ戦争では優秀な人材ほど真っ先にロシアを飛び出しました。

 

あるお金持ちは高価なロレックスなどの宝飾品は、何かあれば海外に持ち出していける。

 

紙幣だと5千万とか重くて持っていけない。と言っていた。

 

日本の将来を不安視したり、節税のためにシンガポールや、ドバイに移住したり、いざというときのために外国籍も取得してる人もいる。

 

また、富裕層になると自給自足生活を目指す人も結構いる。

 

ばじるも社会に出てから、低所得で賞与も退職金もない状況で、

 

やっぱり格差社会すげーな。

このままだとまずいな。

 

と、先を見据えて投資を始めた。

もっとも当時はそもそもお金がないから上手く行っても百万超えるのが関の山だったが。

 

また、賢くなればなるほど、国家は完全には信用できない。いざというときは自分で何とかするしかない。戦争やバブル崩壊が今後急に起きるかもしれない。

 

などと低いリスクも起こりうる現実のものとして想定できるようになる。

 

一億を目前にして、そもそも貨幣が無価値になることだってあるんだから、一億あったって安心とは言えない。水や食料を自給できないとまずいんじゃないか?

 

と思い始めてる私は、富裕層というか単なる心配性で、いつまでも人生を謳歌出来ないのかもしれない。