投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

投資感

なかなか億れない。

ども、ばじるです。

株式投資は一時期5,700万位行きましたが、今は相場下落の影響で4,400万位。

準富裕層からアッパーマスに転落して定着してる感じがあります。

でも資産が4500万位あるのはやっぱり安心感がある。

不景気で給料は減る一方なんですが、追加入金力は上げていきます。

他の億超え投資家みてても5千万前後で足踏みして、次の景気の波で7-8千万にブレイクしてそのまま1億に行くパターンが多い。

そして投資のうまい下手もあるけど、結局追加入金力も滅茶苦茶重要になる。

1億のうち6−7千万を追加入金してる人も結構いるんじゃないかな。(ばじるには到底無理だけど、医者、弁護士、会計士、大手企業マンがやってる)

年収が上がっても生活水準を変えないというのがコツ。

最近思うのは勝馬にしっかり乗って降りるということ。

勝馬に乗り続けて地面(元値)まで振り落とされることも結構ある。

株価は業績で決まるのできちんと決算を見て、上がってるうちは持っておいて、落ちた。とか、異常なまでに上がったと思ったら売る事。(これが難しいんだけど)

真面目に相場に向き合わないと勝馬すらわからなくなってくる。

素振りを何万回も続けてホームラン打つのに似てる。

理屈も大事だけど、理屈はみんなわかってて、それ以上にはならない。そこから先は実践とこだわりもで勝敗が決まる。

あとは滅茶苦茶冷静に客観的に見る事。主観と感情が入るとすぐ駄目になる。

経験年数と年齢上がるほど熟達して来てる感じがあります。

経営者は浮遊層

投資で凍死。

ども、ばじるです。

富裕層の代表格と言えば経営者です。

経営者は楽して数千万円貰えていいなって思いがちですが、実際は結構大変だなって思います。

人を雇うなら人を管理しないといけない。

支店を作るとかは特に管理がハード。

ビジネスが十年後も同じで通用する事は滅多にない(新たな投資やモデルチェンジを常に続けて回収が必要)

ライバルや代替品が出てくる。

などなど。

日清とか味の素とか文化シャッターとか、

業界で圧倒的なシェア築いていればそう簡単には崩れませんが。

医者や弁護士も儲かってるのは親が持ってる会社を引き継いでるケースだったりする。

何よりも大変なのは会社の借入金に社長の個人保証が必要という事。

会社が傾き始めたら従業員の給料も払わないといけないし、起死回生の投資も必要になる。

役員報酬が数千万でも税金取られて、借入金1億を個人保証とかだと割に合わなくなってくる訳です。

派手な生活をしている人は、キャッシュインフローが大きい。
でも逆回転し始めた時に大変になる。

賢い人はコツコツ貯めて運用してたりするけど、そういう人は少ない。

仲の悪かったバンドが再結成するのもお金事情だったりする。

生まれ変わるなら社長の息子ではなく、資産家の不動産王の息子がいいですね。再現性高いし。

これ以上お金持ちになってどうするの。

GWはパスポート使ってご飯食べに行きました。

といっても、すきパスですき家の牛丼食べただけど。

ども、ばじるです。

最近ちょっと感じている事があって、

普段鬼節約して、1億貯める事を目指してるんですが、実は結構使ってる部分もあります。

使うところは使って、締めるところは締める。という感じです。

資産が5千万くらいあると、これ以上貯めても老後の通帳残高でしかないし、今使わないと先々寝たきりのベッドの上で後悔するかも。と思うからです。

ただ、ブランド物とか安いもの(ユニクロ、H&M)に代替できるような物にはお金は使わない。

お金で買えるものは、安心感や優越感みたいな感情面の効用を抜きにすると、

「物」と「サービス」だけです。
それ以上にはならない。

無職も大金持ちも、1日の時間は24時間だし、6~7時間くらいは寝ないといけない。トイレに行くしお風呂にも入る。息も吸うし水も飲む。年を取って衰えるし、病気にもなる。

お金で成功や感動の体験が出来るとか、教養が身につくとか、人から魅力的に思われるとか、度胸や勇気がお店で買えたり、会話や人付き合いが上手になるとか、身体能力が上がるとかはない

(スクール通ったりお金で身だしなみ整えたりとかはあるかもしれないけど、1億以上必要というより、本人の努力次第なのでお金で買えるものではない)

結局、生物の枠を超えることができないのだ。

ある経営者の方が言ってましたが、美味しいものを食べるためだけに、友達と京都に行って日帰りで帰るのが富裕層になってからの贅沢だそうです。

ただ、グルメ好きだから自分はそれが楽しいけど、食事に興味がない人はお金持ちでもそんな事しないし、面倒なだけだと。

京都まで行く往復時間とか体力は使うわけで、時間の浪費考えたらスーパーや百貨店でステーキ買って自分で焼いたり、港区のレストランとかで十分な気がします。

また、とあるシンガポールで暮らしていたけど日本に戻った成功者の方は、シンガポールに来た日本のお金持ちは、何かこっちでやりたい事があればいいけど、節税のためだけでシンガポールに来ると、ただのマネーコレクターになる。

と言ってました。

資産が3億〜数十億とかあるのに、わざわざ節税のために異国に何も目的なく来て何年も暮らすとか、結構ハードモードです。

しかも3億が5年で倍の6億になったとしてもそれで何になるのかという感じです。3億でも充分。日本でやりたい事はほぼ叶う。

だからそれ以上欲しても、まさにマネーコレクターにしかならない。

20代なら数年で資産を倍にするのもそれはそれでいいですが、50代とかだと健康的に動ける余生を5年も異国で浪費するんだったら、日本で普通に運用益を使いながら贅沢すればいい。

ちなみにシンガポールも最近は物価が上がってて、昔ほどお金が節約できるわけでもないから節税できても割に合わなくなってきてるそうです。

ばじるも、今はスーパーで黒毛和牛買えるわけでもないし、毎シーズン洋服を買い換えるわけでも、港区の高級マンションに住んでるわけでもない。海外旅行に頻繁に行けるわけでもない。

ただ、買おうと思えば黒毛和牛も洋服も買えるし、海外旅行にも本当に行きたければ行けるし、港区には電車で行ける。

お金が増えれば、物とサービスのグレードを上げれるけど、それがどれ程価値がある事なのか?とも思ってしまいます。

高級ブランドや高級マンション買って、高級ホテル泊まっても、結局その権益を持ってる大富豪や既得権の人たちに自分のお金プレゼントしてるだけだし。

自分が株を持ってる解釈の商品やサービスを買ったり、地元の優良店を応援するとかなら使う価値あるけど、

金持ちをさらに金持ちにしてもねぇ。とも思うわけです。

あとは既に趣味に毎月十万位使ってるので、富裕層もどきの事ができてる。

じゃあ、その先にどれほどの価値があるのだろうか?

まあこの辺は実際に資産5億とか持ってみないと、どれほど人生が変わるかはよくわからないですね。

とある年配の富裕層の人は、別に無駄な消費とかはしないけど、本を買ったり、レストランは少し良いところに行って、新鮮なものや野菜とかもちゃんと付いてきて栄養バランス良いものが食べれるのがいいかな。と言ってた。

それが真理なのかもしれません。

あっあとは、奴隷労働しなくていいというのが大きいポイントか。

You Tubeは副業なんかじゃない

ども、ばじるです。

副業でYou Tubeチャンネル3つ持とうと思って少しずつ準備を進めているのですが、

かなり大変です。

例えば手元を写すシーンと、首から下を写すシーンがあるとして、

当たり前ですけど携帯のカメラ動かしてちょうど良い角度で2回撮影する必要がある。

それでも引っ張れるのはせいぜい20秒。

それをパソコンに入れて動画ソフトに順番に並べて余計な部分をカットして、、

そういうのをひたすら繰り返して、12分の動画を撮影する必要がある。

その間のネタを事前にシナリオとして用意して、すべての話をテロップで動画に挿入するのも大変。

他の人の動画を見ると、飽きさせないために買ってきた商品や食べ物を入れたり、

料理シーンや生活の知恵、専門知識、女性なら着替えとか足のマッサージシーン入れたりとか

さりげなく男性視聴者を意識したシーン入れたりしてる(多分)

途中でグラフ入れたり、変わった文字の入れ方したり、画面切り替え、音楽や効果音入れて、

視聴数が上がってる人ほど内容が充実してるし、細かいカットをたくさん繋いでいる。

無職を売りにした動画もなんだかんだ買ってきたお菓子見せたりとか、ネットで調べた節約レシピのために、おかずを色々買ってきたり、支出と手間を伴う。

12分ぶんテロップ用に文字起こしして、画面に当てはめてくだけでもかなりの作業だぞ。

上手い人はサムネイルの画像が凝ってたり、

スタートの導入で全体のサマリーを入れたり、家に帰って玄関の電気をつけるシーンから始めたり、

これから動画が始まる感をうまく出してる。
(これは動画作りの基本らしい)

OLが料理してるシーンも良く見ると調味料一つ一つを入れるカットや角度を変えたカット入れてたりする。

一体いくつの動画データ繋ぎ合わせてるんだろう?整理するだけでも大変だ。

仕事しながらよくこれだけ細かな動画撮って編集出来るなって思う。

ネタ考えて、撮影して、編集して、とやったら余裕で3日くらいかかる気がする。

慣れてきたら複数台設置したりコツがわかるようになるのかもしれないが。

一番簡単なのは、顔出しで話が上手い人が一人語りや、対談形式で撮るやつで、編集が少なくて一番楽だ。

ひろゆきホリエモン勝間和代とか。

勝間さんの童画は2-4分程度、まくし立てるように話すだけで、テロップも効果音も切り替えもなし。一番シンプル。

働きながらYou Tubeはかなり大変なので副業というか第二の本業レベルだと感じてる。
好きじゃないと続けられない仕事です。

取り敢えず入金力上げないといけないので、肩の力抜いて頑張ります。

起きられるかどうか

昨年からFIREしてる人、株価暴落で我が身をFIREしてないか心配。

ども、ばじるです。

最近FIREよりも起業が気になってます。

起業っていうと雇われ奴隷でしか生きた事のない人からすると凄く大きな事のように思える。自分もそうだけど。

でもバイトしながら事業回してもいいし、昔に比べて会社を作るのにオフィスも電話もいらないし、ネット環境だけあれば集客も出来ちゃったりする。

既に利益が出てる自分の強みが活かせそうな会社やウェブサイト等を数百万で買う方法もあります。

まずは年収1千万と言わず年収5百万規模でもいいからなんとか作れないかなとも思うわけです。

60歳以降も5百万が永続するなら大手リーマンよりも良いかもしれない。

現役時代はバリバリやってても、定年して70とかになって引退後は何もしてないと、世の中に必要とされてない疎外感を感じるようになるそうです。

最近、起業家について調べてて知ったのは、

うまく行っても行かなくても取り敢えず興味ある事から始めることが大事。行動しない人が大半。

ブームに乗っては駄目。レッドオーシャンだから。むしろ自分がゼロから作るか、流行り始めたばかりのものに先乗りする事の方が大事。

だそうです。

まずはYou Tubeで一定の収入を得ようと画策してます。上手く行くかはわからないし、稚拙な動画しか作れてないけど、行動あるのみ。月に10万くらい稼げれば御の字。

投資収入とYou Tubeと週3位のアルバイトで生活が賄えるようになったら起業するのもいいし、会社員年収と合わせて投資の追加入金を増やしてもいい。

会社員奴隷時代の経験は起業でも生きるし、株式投資と事業投資って投資とリターンの計算だから何となく似てる気がしてる。

ただ、会社員辞めると不動産融資受けにくくなるから先に投資用不動産買うのもありかも。

相変わらず会社は倒産しそうだけど、自分を世の中の被害者にして周りのせいにするのではなく、何とか自分の力で切り開きたい。(珍しく前向き)

以外と意外と

毎日すき家食べて生きるだけで精一杯。

ども、ばじるです。

富裕層といえば経営者です。

最近色々情報集めてるんですが、経営者はリスクと隣り合わせな面もあります。

アパレル社長の松田周さんという方が、年収1千万なら起業で割とすぐ行けるから勧める。

ただ年収1億目指すとなると結構リスク高いからすすめない。

とおっしゃってました。

これは本当にそうだなと思っていて、IT社長とかも華やかに見えますが、技術革新早いし、今は凄い波に乗っていても10年後も乗れる保証はありません。

一人社長で年収1千万ならフットワークも軽いし、固定費も少ないけど、

従業員雇って、オフィスの賃料払って、社会保険料とか、経営と人材マネジメントも両方やって、それ以上の売上を常に維持していくのは大変な事です。

年収チャンネルでは、六本木の社長さんのネットワーク作ってる会社が数年立つと6割はメールアドレスが連絡つかなくなると言ってました。

規模が大きくなると安定すると思いがちですが、固定費がどんどん増えるし、社員が年を取ると年収も上がって来ます。

サービスサイクルは5−10年で変わって行くので常に新しい挑戦も必要になる。

一流の経営者は次から次に大きな魚を釣っていきます。そして会社規模に合わせてスケールの小さなビジネスから大きなビジネスへと変えていく。

しかし投資が外れると裏目裏目に出ていったりする。

中小企業だと会社の数億の借入に個人保証つけるのは当たり前。

マネーの虎に出ていた社長さんも魅力的で個性的な人が多かったですが、大半はビジネスがうまくいかなくなり、その後新たなビジネスに乗り出して、上手く行った人はごく一部。

そんな厳しい世界。

長い目で見ると今羽振りが良い社長よりも技術系で年収1千万−2千万とかの個人事業者やフリーランスの方が強いのかもしれません。

世界人に生まれて

ども、ばじるです。

最近富裕層の人と何人か話す機会があって、改めて上級国民の世界を知りました。

特に大きな違いが、

皆さん十代までに、海外で生活した経験があって英語がペラペラだし、外国人と話すのに全く抵抗がない。

普通の人だと海外経験ないか、大学でようやく語学留学して英語をちょっとかじるとかだけど、

富裕層は帰国子女や海外の大学行くのはもちろん、十代の内に既に海外の就労経験ですら済ませてる人も結構いる。他にも中学や高校から海外で、日本を入れて3カ国で暮らした経験があってそれぞれの言語が話せたりする。

あとは海外旅行に小さい頃から普通に行ってる。庶民が都心や国内の観光地に観光で出掛けるような感覚で。

でも、幸せかどうかは一概には言えないかなって思います。

親がとても忙しかったり、英才教育を施されてるけど、普通の生き方というのはしていない。

結局人間である事は変わらないので、いろいろな苦悩を持つし、金銭感覚が麻痺したり、甘やかされて育ったり、寂しい思いをしたり、騙されやすかったり、人を見下したり、そういう事が起きやすい気もします。

英語がペラペラで外人と普通に話せるというのは就職で有利だし、様々な経験もできるし、

お金が沢山あって金銭面で人生の不安がなく自由に使えるというのは恩恵は大きいですけどね。

幸福は突き詰めると家庭環境とか周辺環境、遺伝子に恵まれてるかどうかです。

最近、お金持ちは親が忙しすぎたり、過度な英才教育で、意外と家庭環境に恵まれてない人も一定数いる気がしてます。

家族の仲が良くて親の愛情もたっぷり受けてお金も沢山あって、やりがいのある仕事に就いて、幸せな家庭や友人との関係を築けるなら、もう幸せですけどね。

どれかが行き過ぎるとどれかが抜けたりする。完璧というのはなかなか難しい。