投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

大手通販サイトと宝くじの共通点

ども。ばじるです。


この間カフェで100円拾って

よっしゃーーーー!!!

とガッツポーズとりました。

そのあと少し虚しくなりました。


さて最近、


某上場大手通販サイトで

クレジットカードを作りました。


大きな見出しに最大2,000ptプレゼント

キャンペーン!!!


と出てましたが、


下に小さく、

50%の確率で100pt、

48%の確率で300pt、

2%の確率で2,000pt

と書いてありました。


ほぼ間違いなく2,000ptは貰えない

わけですが、表示はあくまで、


最大2,000ptプレゼント!!!!


と書いてあるわけです。


景表法は守ってるんでしょうが、

消費者をカモにするような

都合の良いアピールです。


よくある手口と言えばよくある手口

だけど、信用は確実に失いますね。


でも、

よくよく考えると宝くじもこれと同じで、


年末ジャンボ7億円!!!


といいながら、

ほぼ間違いなく損するか、

出した分しか戻ってこない。


つまり、最大7億円プレゼント!!!

と言いながら、


7億円 0.000005%

0円  10%

△300円 88.9%


な訳です。


0円未満が98.9%という驚異的な

イ●チキ商法です。


宝くじが外れる確率ってネットでも

なかなか出てないので、独自に

計算しましたが、88.9%なんですね。


テレビで、当たった人の話は

良くするけど、外れる確率がいかに

高いかは放送しない。


98.9%の確率で買うだけ無駄、

うち88.9%の確率で出資額を全て失う。

そんな投資商品売れませんよね。


300円は当たったんじゃなくて

返って来ただけ。これは奴隷大衆を

錯覚させる為の撒き餌なんです。


だから98.9%外れ。


当たった当たった!って、

それお前の金だよ。

しかも、有り金ほとんどスられてるし(笑


落語でよくある馬鹿がお勘定の計算を

勘違いするネタでこういうのありますよね。

本当に笑える定番ネタだけど、

みんなこれリアルで演じてるわけです。


98.9パーセント外れる貧乏くじ!

ほぼ外れる貧乏くじ買いませんか!

と言ったら誰も買いません。


冷静に考えれば、


皆さんほぼ間違いなく損するから、

くれぐれも注意してください。


買えば買うほど損するから冷静に!

夢見るだけのお遊び程度にしてください。


消費者庁も朝のニュースも

注意喚起しておかしくない内容です。


宝くじそのものは、

奴隷から上級国民への一発逆転という

束の間の夢を見させてくれる魅力が

あるので、麻薬的な存在意義がある事は

認めますが、


1枚でも充分夢は見れるので、

ほどほどにしておきましょう。