投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

日本のお金持ち妻の実態。玉の輿ってあるの?

ども。ばじるです。


最近米国の先端株で手痛い失敗してます。

何年も上昇続けてるのに、なんで自分が買うと値下がるんでしょうね?笑

ある意味凄い。


(→後日談 持ちっぱなしてたら大きな含み益をもたらしてくれました。)


さて、日本のお金持ちの妻の

実態について書きたいと思います。


これについて、

日本のお金持ち妻大研究という、

研究結果があります。


結論、玉の輿(いわゆる庶民層の美女との結婚)は殆どないそうです。


一番多いのが妻の親もお金持ちで

何不自由なく育った女性が、そのままお金持ちと結婚するパタ-ン。


そして、高学歴でキャリアを積んだ知的でユーモアもある女性が多い。


医者は医家同士で結婚。

ここには看護婦や薬剤師もいます。


モデルや芸能人など、

容姿端麗な美女と結婚したというのは全体のうち、たった1.4%だそうです。


またブランドだらけのセレブママというタイプは殆どおらず、庶民価格で堅実に買い物しています。


知性が高い人が多いので旦那のアドバイザー的立場を担ったりもします。


節税対策にも熱心で、会社を5社作って税額を最小限に抑えます。


働いてると答えた女性も、節税上事務をやってる事にしてるというのが多い。


一方で家族5人で月の世帯消費額の平均は200万円!

教育費学費も含みます。


どうやって使うのという感じですが、使っても使いきれなくて残ってしまう、という感覚があるそうです。


夫の職業は

経営者51%

医者 24%

会計士、弁護士 9%

その他16%


年収は5,000万円〜という人たち中心です。


年代は50〜70代が殆ど。


この年齢まで来るとお金があっても落ち着いてしまいそうですね。


若い富裕層も目立ってはいますが、全体としては殆どが60代前後。


お金持ちになるには時間がかかる

といったところでしょうか。


早く億って楽になりたいです。