投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

リアル金持ち父さん貧乏父さん

ども、ばじるです。

自分の周りの年収1000万超えてる人には2種類のタイプがいます。

すごく地味な人と派手な人です。

地味な人は年収高くても平気でABCマートで買ったような靴履いてるし、量販店のワイシャツ着て、昼休みもコンビニのパンを食べてる。

派手な人はブランド物の服を着て、お金や地位、権力に対する欲望も強い。良いレストランや時計、車にも興味がある。昼休みも誰かを奢ってあげたりしている。

お金が貯まりやすいのは前者だと思われがちですが、実際は後者の人も財テク上手くやってたり、親が金持ちだったり、奥さんも稼いでたり、結局うまくやってる。

そもそも1000万超えてる時点で、普通の人をはるかに超えるスペックを持ってるので、お金に関して致命的に判断を誤ることは少ない。

メディアが僕らに提供してくれるような、年収1000万は意外と苦しくて、贅沢しすぎて破産する人もいるみたいなのは、僕らの溜飲を下げるべく、ページビューを稼ぐために都合良く書かれた記事で、実際はごく一部の人なんだろうと思います。

年収については学歴も相関関係はあるけど、実際のところ学歴高い人はアスペっぽい特性があって、人の気持ち読めなかったり、極端な考えの人も多いので、

学歴よりも学習能力のほうが大事で、人間関係や場の雰囲気を客観的に見て、相手が求める事にきちんと対処できたり、世の中や社内のトレンドの情報を収集して変化を察知して自分の特性活かしてどう動くべきか俯瞰して正しく判断してプレゼンできるような、社会的知性が高い人が確実に金持ち父さんになれってるなって思います。

年収や知性が高い人ほどNISAとかiDeCoとか株や不動産について興味を持って実際にやってるから正の循環が生まれてる。

何も考えないでいるとどんどん底辺沼にハマっていく。

周りを良く洞察してチェスを打っていける人は学歴関係なく浮上していく。

貧しくて恵まれなくても浮上しようという意欲と行動は持ち続けたいですね。