投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

えちょま

コンビニは高級百貨店。

ども、ばじるです。

総資産が5600万円を超えて喜んでたら、、、

えっ、ちょっ待って。

翌日にまさかの5,700万円を超えてました。

たった一日で。。。

日給100万円です。

こんな上げ方は初めてなので、これが母数の大きさと指数関数の勾配の威力かと思い知りました。

ただ、上がりが急すぎるので遅かれ早かれまた3百万4百万は簡単に吹き飛ぶと思ってます。

投資も慣れてくると上下に一喜一憂せずに、常に砂上の楼閣なのではないかと疑い深くなるのです。

そして鳥の羽の大きな団扇でパタパタと扇ぎながら鷹揚に戦略を練りながら将棋の次の一手を考えてる感じです。

さて、その一方で、

自分の脳みそがカラッポである事に気づきました。

もう一つの、えちょまです。

少し前に米国のグロース株を買って、急落して、現在は回復してるのですが、

急落した時に損出ししておけばもっと儲かっていたということにふと気づいたのです。

どういう事かと言うと、

100万円で買った株が30万円値下がりして70万円になってがっかりしました。そのあと株価は110万円になって嬉しかったです。

というのが現状ですが、

70万に下がった時に売って買戻せば、損失の30万円が確定して、20%の税金6万円が返ってくる。
そして買い戻した70万円の株は110万円に戻る。

とすれば、

前者が資産残高110万円に対して、後者は資産残高が116万円になるのです。

つまり得したように見えて実は機会損失を発生させてしまっていたということです。

最近は配当で数十万、売却益で2百万前後は毎年出るので、

この益と一時的な含み損をきちんとぶつけていれば節税が出来ていたと言う事です。

しっかりやっていれば次の5800万円にもっと近づいていたのに、数万〜十数万の損失を出してしまったわけです。

本当に馬鹿だ。
こんな甘っちょろい精神では億なんていつまで経っても到達できない。情けない自分に腹が立ちます。拳で壁を殴りたい。

教訓
損は早めに、益は遅めに確定させる。

もう一度!

損は早めに、益は遅めに確定させる。