投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

株価下がってザマァ?逆だよ。

どもばじるです。

株価暴落のニュースが連日流れて、株価掲示板の前で呆然としてる禿げたおじさんリーマンの写真がニュースサイトに載ったりします。

富裕層、投資家みんな損してるwざまあみろ!

と思うかもしれません。

ばじるもずっと株価が暴落したら富裕層や投資家は損するものだ。と思ってました。

でも違うんですよ。

逆に儲けるチャンスなんです。

株価が下がり始めると日経ダブルインバースという、株価指数が下がるほど儲かる仕組み債?がめちゃくちゃ買われます。

下がれば下がるほどそのぶん稼げるので、毎週のように株価が下がるともうウハウハなんです。

そろそろ、底かなと思ったらこれを売って利益を出して、

増やしたお金で今度は買いに回ります。

暴落して安くなった優良株を底値でガシガシ買い始めます。

だからコロナの時もこれをしっかりやった人達、つまり富裕層の資産を管理してるヘッジファンドとそこにお金を入れてる富裕層や熟練の投資家は大儲けした訳です。

一粒で2度美味しいと。

もっと小さい話でいうと、株価が暴落して含み損が大きくなった銘柄はあえて一度売って買い戻します。

そうすると持ってる株数は変わらないのに、損だけが実現して益と相殺して税金を節約できます。

昨年の益と今年の損を相殺すればむしろ税金が還付されて戻ってくる。

富裕層は毎年益しか出ないので、あー良かった。税金取り戻せた。
となるのです。

例えるなら、

20年間乗るつもりで買った200万円の自動車を10年後に一瞬だけ100万で売ってすぐ買戻してそのまま10年乗り続ければ、自動車を20年乗るという事実は何も変わりません。

しかし、税務上はただ単に20年乗るよりも、一瞬の売り買いで200万で買った車を100万で売るので、帳簿上100万の損が立ったことになって、20%相当の20万円が節税されて手元に残るという事です。

この辺は今まで自分が鈍感だったし、あまり深く考えてなかったからやって来なかったんだけど、

これからはきちんと漏れなくやってメリットを総取りしようと思ってます。

怠惰なやつは何も得られない。
常に勤勉でこだわって努力と実践を続けないと金運は得られないのです。

ただ、確か一日で売り買いした場合は損が認められないのでその辺は注意が必要。