投資家のぼやき

お金と人生

人財と人罪

ども、ばじるです。

 

大手企業の人材獲得競争は激しさを増している。

NTTは年功給から実力職能給にシフトして新卒理系人財の給料を上げたし、

 

ソニーは学生起業家人財の確保に乗り出す。

 

トヨタは女性理系人財を増やす方針で、ロボットコンテストやったりしていた女性にロボット開発を託したりしている。

 

リクルートはネパールの理系人財の獲得を始めた。

 

ヤマト運輸ですらAI人財の採用を強化している。

 

世界の学者が予想するとおり、理系人財の価値が高まり、専門スキルのない人材との格差はどんどん広がるだろう。

 

大手は今後益々そういうところ見据えて良い人財と投資を確保するだろう。

 

AIの本に書いてあったけど、あらゆる業態の大手企業がどんどんDXとビッグデータとAIを使ってマーケティングや物流、生産に革命を起こしていくから、普通の会社では太刀打ち出来なくなると。

 

毎日奴隷の如く罪人のように働くばじるは人罪扱いですが、

 

そこで奴隷主から得た幾ばくかの貨幣を人財企業に投資していこうと思います。