投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

割増現在価値も考えよう

ども。ばじるです。


投資家や会計、金融に詳しい人は

「割引現在価値」という言葉をご存知

でしょう。


10年後の100万円は

現在の価値でいくらか?

利息を加味すると現在の価値は

100万円より低いという話だ。


裏を返せば、

今ある1万円は年利6%なら

来年の以降毎年600円づつ増える。

その600円もさらに6%づつ増える。

将来を考えると1万円を遥かに

超える価値がある。

という事だ。


だから僕は1万円というのは

毎年600円をポケットに入れてくれる

打ち出の小槌だと思ってる。


その小槌をいかにかき集めるかが

勝負だ。


しかし、


例えば今ニューヨークに旅行して

30万円を使う場合と、

70歳で億り人になってから

ニューヨークに旅行して

使う30万円と価値は同じだろうか?


今車を買う場合と、

70歳で車を買う場合と、

使うお金の価値は同じだろうか?


お金はやはり若いうちに使う方が

楽しかったり、経験になったりする。


70、80歳になったら医療費と

老人ホーム代くらいしか使わねえんじ

ないの?という感じである。


そう考えると徹底的に節約して

50歳で億り人になるのと、


今のうちからちょこちょこ使いながら

65歳で億り人になるのとでは、


効用の面では、

後者の方が遥かに大きいわけです。


老いてからの余分なお金なんて殆ど

価値がない。必死に貯めたところで、

死んだら億の資産はそのまま違う人の

ものになる。


だからお金というのは

額面では割引現在価値だけど、

効用でいうと割増現在価値だなと

最近身にしみて感じています。


億超えが数年伸びたとしても、


着実に資産形成しつつも、

先々悔いが残らないように

楽しみながら使うという

考え方も大事ですね。