投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

想像していく

ども。ばじるです。

今回はモロ株の話です。

自分の頭をまとめるためにも。

投資は世の中の流れに乗るのが一番簡単です。アップル、グーグル、フェイスブック、テンセント、アマゾン、日本M&Aラクス、モノタロウ、スタバ、マック、コーラ、ネトフリ、いきなりステーキ、ライザップ、ワークマン、神戸物産(タピオカ)などなど。

売る努力をするというより追い風で背中を推されていく、世の中の潮流に上手く乗っていく銘柄です。

なにもニッチな誰も知らない銘柄佐賀市当てる必要はないのです。

これからaiとかロボットとか言うけど、この辺はばじるは懐疑的です。

今のところaiが金に直結する、誰もが必要な独占的aiは誕生していません。囲碁で勝ったIBMのワトソンですら商機になっていません。

彼も彼女も、俺もあいつも使ってるAI、わが社も御社もどこの国でも使ってるAI。というのはまだないですよね。むしろニッチな分野で開発して進めてる感じ。新薬、遺伝子研究とかに近い。

また産業ロボットも過去より幾多も作られてますが、景気変動に弱いし、工場立てる必要や競争も激しくなると予想されます。こちらは製造業に近い。

5G、IOT、スマートシティ、エッジコンピューティング、電気自動車、ウェアラブルバイス、デジタルエクスチェンジ、ゲーム、eスポーツ。

こうした世の中の変化は更に加速することは間違いありません。

そうした世の中を想像してみると見えてくるものがあります。

しっかりアンテナはりつつ、イメトレすればもうそこに億り人の道があるはずです。