投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

真のお金持ちは隠れる

ども、ばじるです。

以前も書きましたが、港区のマンションは2億、3億以上しますし、家賃も1ヶ月300万とかします。そんなマンションが見渡す限り数えきれないくらい建っている。

それでも全部埋まってる。

これって凄く不思議ですよね。

孫正義が日本に何万人もいるということでしょうか?

昔は農民が貧しくなると、搾取している庄屋のせいだ!と一揆を起こして打ち壊しにいきました。

でも今は賢くなりました。

経営はプロ経営者に任せて株主になりました。株主だけどファンドや信託銀行名義にして、誰が持ってるかわからなくしました。

不動産を保有して、不動産会社に運営は任せます。個人が何頭不動産保有してどれだけ収益得てるかなんて誰にもわかりません。税務署以外は。

複雑に絡み合い、直接搾取せずに何重もの階層を経て、名前のわからない人のところに吸い上げられていきます。必ずしも縦一直線に吸い上げるのではなく、網目や格子で行ったり来たりしながら吸い上げていきます。

全ては既得権です。

既得権をお持ちの方々はオギャーと生まれた時から、親の財産を引き継ぐ権利を持っており、昼寝してても年間数億、多いと数十億もの配当金や家賃を税率20%で毎年貰えるわけです。

一等地にいくつものでっかいマンションやビルを保有していて、数億円の家賃収入や年を経るほど土地の値上がり益を享受できる権利を持っているのです。

家賃200万だろうが300万だろうが気楽に住めるクラスの人達がゴロゴロいるのです。

その人達はフォーブズのお金持ちランキングには載ってきません。

代々のお金持ちは決して前に出てきません。既得権を持っていて、不公平だとわかってるから。妬みや嫉妬の矛先がいつ自分に飛ぶかわからない。だから隠れ庄屋になるのです。

真夏に必死で汗かいて駆け回って、いろんな人に罵倒されて寝ずに頑張っても雀の涙しかもらえない奴隷がふと横の戸張を開けてみると、クーラー効かせてアイス食べ、寝っ転がってテレビ見ながら大笑いしてる、宝石や高級腕時計をコレクションして並べてる人達がいるんです。
或いは浮き輪とシュノーケリングつけて、スーツケース持って何回目かのバカンスに行くところかもしれません。

住む世界はしっかり分けてあるから生涯交じり合うことはないし、既得権をしっかり守ってくれる法律があるのでお金持ちは安心して暮らせます。

同じ区域や学校に通っていたお金持ち同士で結婚していきます。そもそも庶民とは価値観も金銭感覚も全く違う。

海外旅行に何度も行っていて、英語が話せて、ブランド品をセンスが良く身につけて、一流大学出て世界的大手企業で知的に働いてます。

狭い世界でユニクロ着て牛丼食べて100円玉を貯金してる庶民とは全く違います。

目立つお金持ちは大抵一代で築いた人達ばかり、代々のお金持ちは目立つことでお金を稼ぐ必要はありません。昼寝してても入ってくるんだから。

銀座sixがオープンした時に、見たこともないハイブランドの服をセンス良く着こなす人達がうじゃうじゃいて驚いたのを覚えています。どこから沸いて出たんだこの人達は??こういう人達街で見たことないぞ。と。

現代も華族制度が残っているのです。

なお、今の銀座sixは庶民の憩いの場です。