投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

持ち家買うべきか

ども、ばじるです。

持ち家買うべきか論がよくあるけど、ばじるは断然買うべきと思ってます。

実家から勤務先に通える人は当然実家がCFいいですが、賃貸借りるくらいなら持ち家の方が断然良い。

毎月10万とか家賃払うなら、10万ずつローン返したほうが良い。

一般にマンションは値段の半値が土地の値段で、残りが建物と言われるので、理論上10万払って築年数最大まで行っても土地代の5万は資産になる。

賃貸の家賃は10万が丸々消費になって大家しか潤わない。

ただし注意が必要なのは関東圏は人気のない郊外エリアに買ったり一軒家を買うのではなく、安定した需要のある都心部でマンションを買うことだ。駅から徒歩10分以内は絶対。

新築よりも割安で買える新古や中古のほうが良いし、中古は素人が売るので相場より安いものや値切りで買えば50万100万安く買えるかもしれない。

エアコン付きや照明付き物件にも出会えるのでコスパが良かったりする。

理想は人気の都心エリアで、不景気の時に一流不動産会社のブランドマンション買って土地の値上がりと同時にマンションも値段が上がって何年か住んでいながら高値で売り抜けるというのが理想だ。

実際、港区千代田区目黒区渋谷区品川区辺りの都心中心エリアでブランドマンションほど値上がり物件が多い。

親の不動産購入時生前贈与の特例で相続税なしに相続できたり、住宅ローン控除も受けれる。

良い会社だと持ち家にも家賃手当がついたりする。

最もこの辺は金持ちエリート優遇なので奴隷層には使えないが。

共働きでさっさとローン返済していくという手もある。なるべく前倒した方が金利負担は少なくなる。

あとは死ぬとローンがチャラになる共済みたいなの入らされるので、夫婦の場合早死したら丸儲けである。

どちらかが死んだらその分はチャラになるように、ローンをある程度夫婦で分けて組んでもいい。

激務の高級取りの旦那が億ション買って、早死してローンがチャラになる。ってパターンもあるんじゃないでしょうか。

何よりも人生100年時代に最後まで賃貸に住むとコスパが最強に悪い。あなた持ち家にしないなら、60歳以降年金でこの先ずっと家賃払うんですか?って話。

日本の平均寿命が85歳位だと思うけど、それは10歳で死ぬ人や、30歳で死ぬ人がいるにも関わらず平均85歳だから、90歳くらいまで生き延びてしまう可能性は高い。

最も一番賢いのはYou Tubeの、みの社長の言うように住居ではなくローンで安めの賃貸不動産を買って、家賃収入得ながら早期返済して、その実績と不動産価値と家賃収入をもとにさらに賃貸不動産買うという手法である。

合わせ技で株式投資もしていけば更に資産は増えるし、最悪借り手のつかない不動産に自分で住むという方法もある。

親も賃貸なら自分の物件に引っ越してもらえば、生前贈与受けれるから世帯単位としてはメリットがある。

賃貸に10年、20年住むと、家賃10万で1200万、2400万の消費。勿体ない。

だったらさっさと家買ってローン返済に回せば、600万、1200万は消費で残りは固定資産。

とにかく大家ってのは奴隷搾取の典型だから家賃払うのは本当馬鹿馬鹿しい。

本来誰の土地でもない地球の大地を、ここは俺の領土だ!ここに住むなら金よこせ!俺の不労所得だ!って言ってるわけだから。

だったらその制度に乗っかる側に回って自分が大家になった方がおトク。

あと、ごっちゃになるけど、自分で住む場合、固定資産税については、住宅ローン控除のほうが大きいから節税効果もある。

定年後30年生きるとしたら、無職なのに30年分の家賃を払うのか、払わないのかの違いもある。

ローン終えてるなら金に困った時家を担保にセールスアンドリースバックして家はそのままでキャッシュを増やして生活することもできる。

勝手に将来の高年収をあてにして、身の丈に合わない無理な家を買ったりするのはナンセンスです。

算数できない人はもう持家や賃貸以前のレベル。

転勤が頻繁にあるなら家賃手当や社宅で貯金しまくるのも手ですが、マンション買って転勤や実家に帰るときに売ったり、賃貸にしたりするのもあり。

マンションの売買は手数料とか登記とかで金かかるからそこは注意。