投資家ばじるの資産1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。2022年4600万。

ばじる式投資

ども、ばじるです。

集中投資か分散投資か。

よく議論されるんですが、ばじるはコレクション癖があるので、面白そうだ(伸びそうだ)と思うと買わずにはいられなくなり、60銘柄位に投資しています。

確かに有望で圧倒的な勝ち組に集中投資した方が効率は良さそう。

ただ、ダイボウチョウさんという個人投資家の方がたくさんの銘柄に投資しても十分パフォーマンス上がってるよ。と呟いていたので、自分はこういう投資の方が向いてると思いました。

成長株に分散してるだけなので取りこぼしが少ないし、規模や知名度、将来確度によって投資額に濃淡はちゃんとつけてる。

エヌビディアに500万投資する一方で、ガファには150万、テスラには100万、upstには30万といった具合だ。

優良株はどんどん伸びていくし、見かけ倒しの株はどんどん下がるので、自ずと強い銘柄順に構成比率が高くなる。

ボロ株でずっと持ってるけど含み損のままだなと思ったら退場願う。

実力主義の会社と同じで仕事出来る株にはたくさんの資産が配分され、下位の株は資産が少なめに、最終的にはリストラする。というわけだ。

大数としては順張りに近づく。

クラウドストライクはあまり気乗りしなかったけど取り敢えず40万入れたら今は80万になってる。

集中投資するとこういうなんとなく相性合わなそうな株を拾えなかっただろう。

あとは数が多すぎて全然フォローアップできてないから、資産が増えてもどこが上がってて、どこが下がってるのか良くわからない。

それが逆に良い。

短期の損益や上げ下げに翻弄されずに、長期投資の結果としての含み損益だけを見てれば良い株悪い株は判別できる。

分散投資はインデックスに近づくと言われるけど、シクリカルや製造業、電気ガスなどには投資していない。

右肩下がりの会社や横ばいの会社、鈍重な会社も持っていない。

みんな時代をリードする会社ばかりだ。

もちろん不況になれば割高の高成長株は下がりやすい。

でも60銘柄に分散されてればなんとかなる。

集中投資の次くらいにいい手法だと思う。