投資家ばじるの1億目指すクエスト

資産ゼロから2017年3千万。2020年4千万。2021年5千万。本気で億を目指す。

お金持ちと貧乏人の違い

今夜もポイントでタダ飯食べよう。

ども、ばじるです。

お金持ち研究すればするほど、投資家か経営者しか儲からないという気がしてきました。

大手企業のエリートや医者や弁護士でも雇われだと年収1千万~2千万。

それはそれでアッパー層だけど、半分近く税金持っていかれるし、車や子供2人の養育費、住宅ローン抱えると結構大変。

夫婦で医者とか、夫婦で会計士とかで世帯年収3-4000万あっても上層では富裕層とは見られない。

同じ弁護士や医者でも、弁護士事務所や病院、クリニックの経営してるとか、結局人を雇ったり、ひとり立ちして自分がトップにならないと果実を得ることができない。

また、雇われの高給取りは超激務や超実力主義成果主義になりがち。業績が傾いたり、体調崩すと途端に給料減ったりする。

周りに会社起こす人も増えてきた。よく見るとみんな国家資格や技能スキルを持っていて、万が一倒産してもすぐに就職できるし、

工場みたいな設備投資を多額にするものではないのでフリーランスの延長に近い。

ただ言えるのは、皆行動力を持ってリスクを取りに行ってるということ。

一時期は雇われだったけど、かごの中の鳥でヌクヌクする道を捨てた勇気ある人たちなのだ。

人脈ネットワークやモデルが出来上がればクライアントや顧客が少し減っても、急に収入ゼロにはならないので、また補充するれば良い。

商売は当たれば、こんなに儲かっちゃっていいの?というくらい儲かるし、

最近はバイアウト(企業売却)で一気に数億手にする人も多い。

ニーズのある顧客に店、広告、SNSでリーチして、認知してもらい購入や契約してもらう。

満足しもらいファンになってもらい継続や紹介してもらう。

その辺はどのビジネスにも共通。

あとは何を提供するかだ。

インターネットの力でどんな商売でも、やって出来ないことは無くなった。

足りない部分は外注で補えばいい。

一介のサラリーマンでもスモールビジネスでいいので、ビジネス創る思考が必要になってる気がする。

そしてそこに一番大きな壁は、実行すること、継続すること、成果物が世に出て、その反応を経験の糧にして、さらに実行することである。

大体の会社員は夢想して終わりになるからね。

貧乏人と金持ちの違いは行動力の違いが大きい。