投資家のぼやき

お金と人生

その履き古した靴が資産

Sheinをフリマアプリで買う賢い女子大生が増えてるってマジ?

 

ども、ばじるです。

 

最近、高級百貨店に時々立ち寄ります。

 

買い物はほぼしないけど、どういう高級品が置いてあるか見たり、お客さんが見るからに富裕層ばかりなので眺めていて楽しい。

 

ユニクロには絶対居ないような人種の人達ばかりです。

 

特に革靴コーナーが好きなんですが、以前は7万円の革靴とか手に取るのも気後れしてましたが、今は買えなくもないなって気軽に手に取れるようになりました。

 

商社マンクラスだとこの辺の靴を買うみたいです。

 

一方で30万以上する超高級靴のコーナーが別であり、そこは入ることすら気後れします。

 

ブースに立ち寄るお客さんの数より店員さんの数の方が多い笑

 

20台前半とおぼしき若者が気軽にコーナーに立ち寄って友達と試着してる姿を見ると、やっぱ格差すげーなって軽くカルチャーショック受けれたりします。

 

ブランド中古ショップも立ち寄って見学したりするんですが、オールデンやエドワード・グリーンといった高級靴はボロボロの中古でも7万以上の値段がついてます。

 

靴好きには憧れのブランドでもありますが、

 

脚を入れるところの革は擦り切れてるし、爪先もゴムを超えて底がすり減ってる。

 

こんな野郎の汗吸いまくった履き古しの中古靴に誰が8万とか10万とか払うんだろうと思いますが、

 

この値段で売ってるということは買う人が居るということでしょう。

 

定価は12万~とかするので、新古品で4万くらいだったら全然買ってもいいと思いますけどね。

 

そもそもブランドの中古品をわざわざ買うほど庶民にもブランド好きが居るということでしょう。

 

僕らからすると数万が高いって思いますが、富裕層が使うブランドは数十万からのスタートなので桁が違いますね。